2007年08月20日

日本の安全保障体制 整理表

 日本の、これから− 「考えて見ませんか? 憲法9条」 を見て、安全保障体制を 整理してみました。

安保体制概    要被攻撃時
9条
維持
非武装 武装しているから、戦争が起きる。 武装しなければ、戦争が起きない。 人命を守る為、戦わず 侵略者に服従する。 あるいは他国へ逃げる。
9条
維持
非武装 暴力を否定するので 武装しない。 武装しなくとも、戦争は起こりえる。 非暴力不服従を貫き、抵抗する。 日本の独立を守る為、命を懸ける。
9条
維持
日米
同盟
軍事力により 戦争を抑止する。 アメリカに利用されない為に、九条を活用する。 アメリカに反撃してもらうが、個別に戦う。 集団的自衛権を行使しない。
9条
変更
日米
同盟
軍事力により 戦争を抑止する。 アメリカに利用されない為に、より対等な同盟関係にする。 アメリカに反撃してもらい、協力し戦う。 集団的自衛権を行使する。
9条
変更
自主
防衛
軍事力により 戦争を抑止する。 アメリカに利用されない為に、同盟関係を破棄する。 アメリカに頼らず、日本が主になって反撃する。





posted by hiro at 00:51| Comment(1) | TrackBack(1) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月05日

メル凸 共同通信社 07/04/03

【 「A級戦犯」の解説について 】

共同通信社メディア局編集部御中

 お世話になります。3月29日の各紙に掲載されました御社配信の「A級戦犯」の解説について、質問があります。

1:『 重大戦争犯罪人(A級戦犯) 』とありますが A級戦犯を重大であるとした根拠はなんですか?

2:この解説文の文責は どこにありますか?

以上よろしくお願い致します。


【 A級戦犯 】

(ご質問にお答えします)。

○○さま

 日ごろは弊社の取材活動にご理解とご協力を賜りましてありがとうございます。

メールにてお尋ねがありました「重大戦争犯罪人(A級戦犯)」の根拠は以下の理由によります。

 連合国軍最高司令官マッカーサー元帥は1946年1月19日、東京裁判(極東国際軍事裁判所)を設置する根拠となる「極東国際軍事裁判所条例」を公布しました。その第一章第一条に裁判所の設置が規定されており、全文は以下の通りです。

 極東における重大戦争犯罪人の公正かつ迅速な審理及び処罰のため、ここに極東国際軍事裁判所を設置する。裁判所の常設地は、東京とする。

 上記の出典は法務大臣官房司法法制調査部の「戦争犯罪裁判関係法令集」(1963年)で、重大戦争犯罪人の英文は「the major war criminals」です。

 つまり、東条英機元首相ら28人を起訴した東京裁判は、そもそも重大戦争犯罪人を裁くために設置されたことが、弊社の配信記事中で「重大戦争犯罪人(A級戦犯)」と記述した根拠です。

なお、東京裁判について専門家が解説をした「東京裁判ハンドブック」(青木書店、1989年)では「東京裁判は、第二次世界大戦後に連合国が日本の重大戦争犯罪人(A級戦争犯罪人)を裁いた裁判で、その正式名称は極東国際軍事裁判という。」と記述しており、この点も参考としました。

> [ 以下 送信メールの全文引用 ]

共同通信社メディア局総合関門



posted by hiro at 20:47| Comment(3) | TrackBack(1) | 凸撃記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月04日

メル凸 産経新聞 07/04/04

【 「A級戦犯合祀で激論」 の解説について 】

産経新聞社御中

 お世話になります。3月29日の産経NetViewの3面の記事「A級戦犯合祀で激論」という記事にあった解説について、質問があります。

1:A級戦犯の解説に 『 重大戦争犯罪人(A級戦犯) 』とありますが A級戦犯を重大であるとした根拠はなんですか?

2:ここの解説文の文責は どこにありますか?

3:イザ語の オフィシャル解説では 『「A級戦犯」は最も罪が重い人という意味に誤用されている』とあります。 どちらの解説が正しいのでしょうか?

以上よろしくお願い致します。


【 Re: 「A級戦犯合祀で激論」 の解説について 】

○○さま

お問い合わせの件、担当者に聞いたところ、「A級戦犯」の解説文は、共同通信社の配信原稿をそのまま載せたもので、文責は共同通信社にあります。

A級、B級、C級を比較すれば、B級、C級よりも罪が重いという意味で、重大という用語が用いられたものと思いますが、弊社の考え方としては、iza語の解説にありますように、ご理解いただくのが適当です。宜しくお願い申し上げます。

産経新聞社読者サービス室



posted by hiro at 23:26| Comment(1) | TrackBack(0) | 凸撃記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月03日

メル凸 北海道新聞 07/03/29

【 「戦犯合祀 国が積極関与」という記事について 】

北海道新聞社御中

 お世話になります。本日の朝刊の1面の記事「戦犯合祀 国が積極関与」という記事について、質問があります。

1:A級戦犯の解説部分に 『 重大戦争犯罪人(A級戦犯) 』とありますが、A級戦犯を重大であるとした根拠はなんですか?

2:ここの解説文の文責は 誰にありますか?

以上よろしくお願い致します。



posted by hiro at 22:10| Comment(1) | TrackBack(0) | 凸撃記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。