2006年05月14日

皇室の歴史と伝統を守ろう。男系維持する方法あります。(2)

皇室の歴史と伝統を守ろう。男系維持する方法あります。(1)からお読み下さい。




<5>おわりに〜当事者のご意見は?


 これは本来なら最初に書くべきことだったかもしれません。
 皇室のルールを勝手にいじる前に、まずは陛下やご皇族の意見を聞くべきではありませんか?
 例えば寛仁殿下は「旧宮家復帰による男系維持」を強く主張されています。これは皇室の長老である三笠宮殿下以下、三笠宮家全体の意思でもあります。

「陛下のご意思」(=陛下は女系で良いと言われている)を持ち出す政治家などがいますが、それは間違いです。陛下のご意思を確認した人はいません。
 有識者会議に宮内庁の次長が出席して、次長が宮内庁長官に報告して、長官から陛下にご報告なさる時に、陛下が嫌な顔をなさったりしないから、これは賛成であるに違いないということをもって、彼らは天皇陛下のご意思であると言っているだけです。
 寛仁殿下も「陛下のお立場でああせよ、こうせよとおっしゃるわけがない。(女系だとか長子優先だとか)具体的におっしゃるわけがないということは声を大にして言っておきたい」と証言されています。

 「天皇家のことは天皇家の方々に決めてもらえば?」……国民の中にもこういう声は少なからずあります。
 天皇家の将来をどうするか、継承をどうするか、ご本人たちに内々で決めていただいた方がすんなり行くのではないか?国民も「ご本人たちがそれでいいとおっしゃるなら」と納得するのではないか?という気がするのですが、どうでしょう。
 もちろん現行の憲法では「国会の議決した皇室典範の定めるところにより、これを継承する」となっていますので、最終的には国会を通して決することになるでしょうが。

 皇室の問題はタブー視されがちですが、この問題は日本の根幹に関わることです。男系を維持するか、女系に大転換するか、私たちは日本史上類を見ない大きな分岐点に立っていると言っても過言ではありません。
 とにかく拙速は禁物です。政府や政治家はこの問題について十分国民に説明し、国民全体を巻き込む形で最低5年間ぐらいは議論を重ね、その上で改正に着手するべきだと私は思います。



!!男系維持に同意される皆さん、ぜひご協力下さい!!
◇男系維持の方法はある!国会議員やメディアにお知らせしましょう◇
皇室伝統バナー ●皇室の伝統と歴史を守ろう。男系維持する方法あります。●
有志の皆様が作って下さった国会議員のメールアドレス帳はこちら。
国会議員&新聞週刊誌ワイドショー等メディアのアドレス帳はこちら(zipファイル)。
メールアドレス帳は「スパイ防止法案上程」「人権擁護法案阻止」「外国人参政権阻止」「北朝鮮への経済制裁要望」等にも是非ご活用下さい。



■当面の課題

 自民党内閣部会は女性・女系天皇を認める皇室典範改正を論議する勉強会を2月下旬に発足させるそうです。
 小泉首相は今国会への改正案提出を見送る方針を固める一方、党内の意見集約も指示しており、紀子さまのご懐妊とは切り離して論議に着手することにした、とのことです(時事通信2月10日付による)。

 内閣部会メンバーの方々に宛ててメールやFAXで意見を届けましょう。男系継承を維持するため養子制度や旧宮家復帰などを実現してくれるようお願いしましょう。
〈内閣部会長〉
○木村勉(東京15区 山崎派)
電話 03-3508-7382  FAX 03-3508-3512
BenBen@kimura-ben.com

〈専任部会長〉
○増原義剛(比例中国 旧亀井派)
電話 03-3508-7004  FAX 03-3519-7714
office@masuhara.com

○平田耕一(比例東海 旧橋本派)
電話 03-3508-7058
http://www.k-hirata.jp/contact/

〈部会長代理)
○福井照(高知1区 旧堀内派)
電話 03-3508-7523  FAX 03-3519-7713

〈副部会長〉
○奥野信亮(奈良3区 森派)
http://www.okunoshinsuke.jp/

○小渕優子(群馬5区 旧橋本派)
http://www.obuchiyuko.com/form/formmail01.htm
webmaster@obuchiyuko.com

○中山泰秀(大阪4区 森派)
電話 06-6363-0781
http://www.iloveosaka.jp/
メールでの問い合わせは現在受け付けていないそうです。
ブログのゲストブックは生きているようです。

●関口昌一(埼玉16区)
国会事務所   電話 03-5512-2211  FAX 03-3508-8211
さいたま事務所 電話 048-822-5551  FAX 048-822-6660
genki@sekiguchi-masakazu.com

●森元恒雄(比例13区 旧橋本派)
国会事務所 電話 03-3508-8325  FAX 03-5512-2325
http://www.t-morimoto.com/FormMail/comment/FormMail.html


■「女系天皇阻止」のバナーを貼って下さっていたブログ主さまへ

 ご覧のように、この度バナーを「皇室の歴史と伝統を守ろう。男系維持する方法あります。」へと変更いたしました。
 お手数をおかけして申し訳ありませんが、新たなバナーをお持ち帰りいただくとともに、以下のURLにリンクを貼り直していただけませんか。何卒よろしくお願い申し上げます。
 http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri/index.php?eid=306


■新たにバナーを貼り付けて下さったブログ主さまへ

 このエントリーの一番下に『協賛ブログさま一覧』を設け、「皇室の歴史と伝統を守ろう。男系維持する方法あります。」バナーを常設で貼って下さっているブログを掲載させていただいています。貼って下さった方はお手数ですがお知らせ下さい(バナー貼り付けではなくテキストでこのエントリーへのリンクを常設して下さっている場合も含みます)。
 お知らせは拙ブログの最新エントリー(こちらでなくてその時の最新エントリーにお願いします。全く無関係の話題を書いている場合でも構いません。ちなみに06年3月下旬にブログを引っ越しました。新ブログはこちらです)のコメント欄にいただくか、直接メールにてお願いします。メアドはkukkuri?aol.comです(「?」を「@」に変えてお送り下さい)。URLを明記&「バナー貼りました」と添えて下さい。
 (トラックバックでいただいてもいいのですが、goo、livedoor、はてななど、こちらで受信できないブログが多数ありますので、コメントかメールでいただいた方が確実です)
 お知らせいただいた分については一両日中に随時掲載させていただきます。こちらから「掲載しました」のご連絡等はほとんどできないと思いますが、何卒ご容赦下さい。2日ほど経ってもまだ掲載できていない場合は、お手数をおかけしますが再度お知らせ下さい。
 なお、バナーは必ずお持ち帰り下さい。直リンクはご遠慮いただきますようお願いいたします。
 リンクを貼っていただくURLはこちらでよろしくお願いいたします。
 http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri/index.php?eid=306

(ミラーページ http://hiton.seesaa.net/article/17810936.html
(ここのブログには追記されません、ご了承下さい。)

※参考リンク:
 ●皇室典範
 ●皇室典範に関する有識者会議
 ●天皇家の万世一系(男系)による皇位継承という伝統を守ろう!
 ●女性天皇に賛成。女系天皇に反対! (リンク切れ)
 ●皇統断絶問題TBセンター【入門記事】
 ●日本政策センター【皇位継承問題アーカイブス】
 ●竹の間―竹田恒泰のホームページ
 ●宮内庁HP「8.皇室の経済」
 ●大人の無法地帯【Japan】天皇の価値
 ●「思いつきブログ」hit on!さん2/5付:天皇陛下の主な公務 一覧表
 ●「思いつきブログ」hit on!さん2/5付:天皇陛下の宮中祭祀 一覧表
 ●Let's blow!毒吐き@てっくさん12/4付:小泉改革を韓国の新聞が絶賛〜特定アジア3国の待ち望む皇室典範改正 (リンク先修正)
 ●草莽崛起−PRIDE OF JAPANさん1/23付:有識者報告書は共産党が30年かけて準備し、狡智に構成?
 ●Dr.マッコイの非論理的な世界さん12/10付:有識者会議と宮内庁のうさんくささ
 ●曇りのち晴れさん2/12付:無視される愛子さまの幸せ
 ●ちびサウルスの住むところさん2/6付:女性の立場からの反対表明 (リンク切れ)

※参考文献
 諸君!/正論/WiLL/SAPIO/産経新聞 その他

※拙ブログ関連エントリー
 ●10/27付『女系天皇は容認できない』
 ●11/ 5付『メディアは「女性天皇」と「女系天皇」の違いを説明せよ』
 ●11/ 7付『「たかじん委員会」是か非か“女性・女系”の天皇』
 ●11/10付『「ムーブ!」女帝容認論に異議噴出』
 ●11/25付『皇室典範〜有識者会議が報告書提出』
 ●11/26付『皇室典範〜社説出揃う』
 ●12/ 8付『皇室典範〜産経が女系天皇問題特集』
 ●12/ 9付『皇室典範〜産経が女系天皇問題特集(その2)』
 ●12/10付『皇室典範〜産経が女系天皇問題特集(その3)』
 ●12/12付『皇室典範〜竹田恒泰さんインタビュー』
 ●12/16付『皇室典範〜小泉チルドレンからも女系反対の声』
 ● 1/ 8付『皇室典範〜物事の本質を見よ』
 ● 1/12付『皇室典範〜「正論」平成の和気清麻呂、出でよ!』
 ● 1/15付『安倍さんに失望するのはまだ早い』
 ● 1/20付『皇室典範〜寛仁親王殿下の新たなご発言』
 ● 1/22付『皇室典範〜女系天皇阻止メール大作戦』
 ● 1/24付『皇室典範〜女系天皇阻止メール大作戦その2』
 ● 1/28付『皇室典範〜「改革バカ」小泉純一郎を何とかして下さい」』
 ● 1/31付『皇室典範〜議員も世論もTVタックルも「拙速は避けるべき」』
 ● 2/ 2付『皇室典範〜「愛子天皇」の運命を考えたことがありますか?』
 ● 2/ 3付『皇室典範〜朝日新聞が寛仁親王殿下に「発言を控えろ」』
 ● 2/ 4付『皇室典範〜閣僚にも広がる「慎重論」』
 ● 2/ 5付『皇室典範〜朝日新聞be調査「賛成」「反対」が拮抗』
 ● 2/ 6付『皇室典範〜「ザ・ワイド」「ムーブ!」で特集がありました』
 ● 2/ 8付『皇室典範〜紀子さまご懐妊で改めて思ったこと』
 ● 2/ 9付『皇室典範〜小泉首相の「慎重」を信じて大丈夫?』
 ● 2/11付『皇室典範〜秋に向けて私たちがとるべき道は?』
 ● 2/13付『「サンプロ」皇室典範改正問題』
 ● 2/18付『皇室典範〜有識者会議はやはり追認機関でしかなかった』
 ● 2/26付『朝生「天皇」〜アンケートは男系維持派の勝利』
 ● 3/12付『皇室典範〜有識者会議メンバーが海外向け雑誌で寛仁殿下を批判』

※協賛ブログさま一覧(順不同・随時追加)
 ●曇りのち晴れ さま
 ●Dr.マッコイの非論理的な世界 さま
 ●とりかご さま
 ●Let's Blow!毒吐き@てっく さま
 ●桜日和 さま
 ●右傾化する慶應生のブログ さま
 ●今日の覚書、集めてみました さま
 ●拾い猫日記 さま
 ●メタモルフォーゼ・ニッポン さま
 ●子供達の未来 さま
 ●日本の傳統(伝統)を守らう! さま
 ●大和ごころ。ときどきその他 さま
 ●ニッポン日記 さま
 ●雲外蒼天〜うつ病との悪戦苦闘日記〜 さま
 ●プロテクトX −傍観者たち− さま
 ●思うて学ばざれば則ち殆し さま
 ●ピア 徒然見聞録 さま
 ●涼風庵 さま
 ●或る浪人の手記 さま
 ●冷凍力の膳所狒々日記3 さま
 ●びーちぇの別館 さま
 ●オージー生活 さま
 ●ちょっと頭の休憩室 さま
 ●なんてこったい日記 さま
 ●もののふのこころ さま (リンク先修正)
 ●*エ・ン・テ・イ・ニ・ッ・キ* さま
 ●Dogma_and_prejudice さま
 ●立て板にとりもち的空想 さま
 ●Passing Pictures 3rd さま
 ●庶民の惑星 さま
 ●国憂い人のつれづれ日記 さま
 ●日々是桜 さま
 ●今日の韓流通信 さま




posted by hiro at 21:06| Comment(0) | TrackBack(3) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/17810867
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

皇室の歴史と伝統を守ろう。男系維持する方法あります。(2)
Excerpt: 皇室の歴史と伝統を守ろう。男系維持する方法あります。(1)からお読み下さい。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ <5>おわりに〜当事者のご意見は?  これは本来なら最初に..
Weblog: ぼやきくっくり
Tracked: 2006-05-15 00:07

皇室典範改定問題 自民党内閣部会、両論併記の中間整理案を了承!
Excerpt: ●☆★皇室典範改定問題 自民党内閣部会、    両論併記の中間整理案を了承         「男系継承維持が望ましい」が            部会の総意に ! ●前回の..
Weblog: 日本の心を育むネットワーク
Tracked: 2006-06-14 18:24

皇室典範
Excerpt:  女系の天皇を法的に承認するか、という議論がありました。最近は他にもゴタゴタが続...
Weblog: 日本とはなんぞや?
Tracked: 2006-10-30 22:44