2012年02月26日

国歌斉唱の起立及び斉唱義務 合憲判決まとめ

【 国歌斉唱義務不存在確認等請求事件 】

  平成24年02月09日 最高裁判所第一小法廷(東京高等裁判所)

判  決棄却裁判官全員一致) − 全文
裁 判 官 : 宮川光治裁判長、櫻井龍子、金築誠志、横田尤孝、白木 勇
補足意見 : 櫻井龍子、金築誠志、横田尤孝
反対意見 : 宮川光治



posted by hiro at 16:25| Comment(2) | TrackBack(0) | 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント


日本人には心がない。それは、自己の理想を示す構文 (未来時制) が日本語にはないからである。
心がなければ、自分もない。滅私奉公の世界である。
個人は、世間で決められたことを行っているので、作法・法律が重要になっている。
人々は、自分の恣意 (本音) を作法・規則 (建前) の中にしのばせて実行する。
そして、作法・法律の名のもとに自己の行為を正当化している。
我が国においては、作法・法律は個人の理想を実現するための手段とは考えられていない。
理想・意思の実現がなくて恣意 (私意・我儘・身勝手) の実現がある。恣意は得体の知れないものである。
意思には文章・文脈があり、恣意には文章・文脈がない。
意思 (will) のない社会は、あたかも子供の社会のようである。
心から「悪い」と思うことを「悪い」と発言することは難しい。
それには根拠がないからである。日本語には、'あるべき姿' を盛り込むための構文 (未来時制) が欠如しているからである。

http://3379tera.blog.ocn.ne.jp/blog/2012/03/post_a8c2.html
http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/


Posted by noga at 2012年03月04日 21:24
皇室や若宮ゆかりの大根焚と粕汁

明治10年頃から回虫や蛭を持込み本百姓(小作)に一軒々行倒を装い

群って苗床を荒し種籾を食あさり田畑や井戸に糞便を撒散し

五月蠅く憑纏い盗掘や占拠を繰返し略奪・強姦と一家離散へと追込だ族が

行って来た文化破壊や歴史改竄は生活保護法を成立させ支給の有無に

関係無く行い通けた家賃の不払に西郷隆盛の家紋を捏造し勝手に

住所・電話番号を記載した部落総覧を京都市を除く公共図書館で

簡単に閲覧出来る様にしました。

真相を100条委員会で追及する活動をしませんか。
Posted by 環境大学新聞 at 2012年03月18日 11:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック