2006年12月03日

秋篠宮殿下 ご多忙の両陛下をお気遣い

記者

それでは最後の質問です。殿下にお尋ねします。天皇、皇后両陛下は6月、東南アジア3カ国を訪問されました。 (略) 天皇ご一家にとってのこの1年をふりかえり、いろいろな出来事について、ご感想をお聞かせください。

秋篠宮さま

 全体をまとめてというのが、少し難しいかなと思いますけれども、まず、天皇、皇后両陛下のことに関しましては、今年も、例年、毎年そうなんですけれども、いわゆる外に出てのお務め以外にも、宮殿の中で行われている行事というのが極めて多いなという印象があります。

 たとえば、近年、国が増えた、多くなったことによるですね、賓客の来日も多くなりましたし、大使、日本の在京の大使と会われる機会も非常に多くなっていると思います。そしてまた、各省庁などからの願いによって、長い年月、社会の中で地道に活動してきた人たちの労をねぎらうという、そういうお仕事もかなり多くあります。

 そのような普段報道されないような行事が、やっぱり非常に多いなということ、そしてその一方、たとえば地方に行かれたときには、その中心になる行事のほかに地方事情の視察というのがありますけれども、それについてもできる限りですね、今まで訪れていないところに行こうという気持ちを強く持たれています。

 たとえば、今年の9月の北海道にしても、かなりの長距離の移動になるわけですね、そういう日々を、それらのお仕事を元気に務められていますし、それらの中にはですね、やはり天皇という立場でないとできないものも数多く含まれていると、私は感じます。しかし、やはりですね、年齢的にいっても、それらの多くのお務めをされるのは、非常に大変なのではないかなと、そういうことを感じた1年でした。

秋篠宮さま誕生日会見(11/29)全文 (東京・元赤坂の秋篠宮邸にて)


posted by hiro at 17:38| Comment(3) | TrackBack(0) | 皇室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
陛下のみならず、皇族方のご公務の範囲の広さには驚きを禁じ得ません。しかし、特に対外関係において皇室が果たされている役割は我が国の国益に多大な貢献をなさっていると思います。

もちろん、我が皇室はこのような世俗的な価値観で評価できるようなものではないとは承知しておりますが、外国の大使は天皇陛下に信任状を奉呈することを何よりも楽しみにしているという話しも耳にいたしました。

本当に皇室は我が国の至宝と呼ぶにふさわしいと感謝しております。
Posted by 小龍景光 at 2006年12月08日 01:26
小龍景光さん

コメントありがとうございます!

>本当に皇室は我が国の至宝と呼ぶにふさわしいと感謝しております。

全く同感です。数年前の自分には想像できないくらい、皇室についての想いが変わりました! インターネットやブロガーに感謝です(^-^)
Posted by hiro at 2006年12月09日 23:40
はじめまして,ブルーフォックスと申します.
私は雅子皇太子妃殿下そして東宮ご一家の有り様に皇室の将来を案じ,サイトを立ち上げている者です.

http://bluefox-hispeed.iza.ne.jp/blog/list

両陛下や秋篠宮ご一家がご皇族としてのお勤めを立派に果たされているのに対して,雅子皇太子妃殿下は長期に渡り祭祀や公務を休み続けている一方で,静養や私的外出には海外にでも行かれると言った不可解な振る舞いをされ続けています.

国民の中からはこうした妃殿下へのお振る舞いに疑義が上がってきていますが,それをも“ご病気”を理由に擁護し,のみならずそれ以後の議論を封じ込めようとする空気が保守にも左翼にもあります.

しかし,妃のお振る舞いには“ご病気”であることを差し引いてもなお不可解なことが少なからずあります.
例えば皇太子御一家で妃殿下の母方祖父・江頭豊氏(水俣病の大罪人)の葬儀に参列したことです.
しかもこれは,次代の両陛下が水俣病に今尚苦しむ方々の心を無視したことと言わざるを得ません.

また,雅子妃やお父上・小和田恒氏の思想には,かなり反日的・左翼的なものが見え隠れしています.
(詳しくは以下を)
http://bluefox-hispeed.iza.ne.jp/blog/entry/108472/

http://bluefox-hispeed.iza.ne.jp/blog/entry/111808/

このままでは悠仁親王殿下ご生誕で皇位継承はひとまず安泰どころか,次代徳仁天皇陛下の御世にご皇室の権威は失墜してしまいます.

この事態に左翼らは、雅子妃殿下のお振る舞いをご皇室の権威失墜に利用しようとうごめいています.
しかし保守の側はこの問題に関してあまりにも消極的です.この問題を故意に無視したり,東宮ご一家を盲目的に信じていたり,あるいは東宮ご一家を批判する者は全て左翼の工作員としか見なかったり.

(先日はさらに,皇室にはあるまじきこととして,高円宮承子女王殿下の皇室スキャンダルがスクープされました.
そのことに対しても,保守系のサイトはほとんどが沈黙してしまっております.)

保守派の皆様,こうした問題から目をそむけていていいのですか?
日本と日本人をお守りすべき次代の皇后陛下が反日的・左翼的な思想をお持ちになる,という,あってはならない事態
たとえば維新政党・新風様や,ネット連合新風連の皆様は,この問題をどのようにお考えなのでしょうか?
東宮問題解決に立ち上がりましょう!

※あちこちに伺っていますのでもしかしたらこちら様に伺うのを忘れるかもしれませんが,今後とも,拙サイトともどもよろしくお願いいたします.


Posted by ブルーフォックス@東宮問題解決へ保守派は決起せねばならない at 2007年02月15日 00:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/28819683
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック