2005年05月16日

靖国神社−Wikipedia英語の自動翻訳

※お時間と忍耐力のある方は、中文の自動翻訳と比べてみて下さい(^-^)

靖国神社−ウィキペディア英語

靖国神社(直訳「平和な国の神殿」)は東京(日本)の神社です。

神殿の名前は元々、靖國神社(靖国ジンジャ)に書かれましたが、joyo漢字の名称で、名前は現在、靖国神社に書かれます。

2003年10月現在、SoulsのBookは戦争で殺された246万6495人の日本の、そして、元植民地の軍人(韓国で台湾にほとんど強制されます)の名前を記載します。

コンテンツ

1 歴史
2 神(注:Godではなく Kamiと表記)
3 論争
4 時事問題
5 一層の読書
6 参照
7 外部のリンク

歴史

神殿は1869年6月に元々、Meiji皇帝が戊辰戦争の犠牲者を記念する命令で建築されました。
元々東京Shokonsha(東京招魂社)と命名されていて、神殿は1879年に靖国ジンジャに改名されました。

神殿はすべての日本の、そして、元植民地の軍人(韓国の、そして、台湾の)のkami(スピリッツ)がそれ以来闘争でだめにした家への神道儀礼を実行しました。

1945年9月の第二次世界大戦における日本の敗北の後に、アメリカ主導のOccupation Authoritiesは、世俗的な政府機関、または日本政府から独立している宗教団体になるように靖国に命令しました。 靖国は後者を選びました。

その時以来、完全に靖国に個人的に資金を供給しています。

↓これは靖国神社の(正式に祭神saishinであって、柱hashiraとして数えられる)のenshired kamiのカウントです。

戊辰戦争(1867-68の内戦): 7,751
西南戦争(内戦、1877): 6,971
台湾の遠征(日本の占領に対する台湾の反逆の抑圧、1874): 1,130
日清戦争(1894-95の中国の侵入): 13,619
Beiqing事件(中国の侵入、1901): 1,256
日露戦争(1904-05の中国と韓国のロシアと侵入との闘争): 88,429
第一次世界大戦(1914-18の中国とモンゴリアの侵入): 4,850
Tsi-nan事件(中国の侵入、1928): 185
Mukden事件(満州の侵入、1931): 17,176
蘆溝橋事件(中国の侵入、1937-1945): 191,243
第二次世界大戦(ソ連と合衆国との闘争とアジアのカンボジア、中国、インドネシア、韓国、ラオス、マレーシア、ミャンマー(フィリピン)、シンガポール、ベトナム、および他の地域の侵入): 2,133,885

論争

中華人民共和国と韓国では、神殿が第二次世界大戦の日本のMilitarismのシンボル、および日本の右翼愛国心のシンボリックなセンターとして論争で紛糾させられるようになりました。

神殿によって発行されたパンフレットには、「戦争は起こる本当に悲惨なものですが、私たちが日本からの独立を保護して、アジア人の隣人と共に成功するのにそれが必要でした。」と書かれています。

他のもので、神殿は日本の歴史で博物館を走らせ、日本を守るために争った軍人を記念し、可美(神)としてそれらを覚えています。

「すばらしい東アジアを造るという日本の夢は歴史によって必要とされました、そして、それはアジアの国によって得ようとされました。」と、イギリス(注:英語)のウェブサイトは主張します。

「従軍慰安婦は日本のEmpireでやむを得ず役立ちませんでした。」と、日本(注:日本語)のウェブサイトは主張します。

韓国人はやむを得ず日本のものに改名しませんでした。

「また、神殿はAllied力によって遂行された残虐を示します、対馬丸、どの700が小学校の児童であるかに関する1500人の人の上で死につながるAllied力によって雷撃されて、沈められた運送船の沈没などのように。」

したがって、日本は彼らの目で侵略戦争を正当化したように思えます。

博物館訪問者に見せられた文書のスタイルビデオは第二次世界大戦以前の間、西側の主要国の帝国の進歩から東アジアを救うための努力として日本の東アジアの征服を描きます。

戦争犯罪で第二次世界大戦の間に処刑されたおよそ1,000人の捕虜がここに奉安されます。

当時、靖国がすべての日本人の戦争死傷者を奉安するべきであったとき、これは政治問題ではありませんでした。

しかしながら、1978年10月17日に、Hideki Tojoを含む14頭のA級戦犯(極東への国際Military Tribunalの判断に従って)が「ショーワの殉教者」(昭和殉難者Showa junnansha)として静かに奉安されました。

彼らは対応する訴訟と共に以下を含んでいます:(注:姓名の漢字は日本語ページより)

絞首:

東條英機 板垣征四郎 木村兵太郎 土肥原賢二 松井石根 武藤章 広田弘毅

生涯投獄:

梅津美治郎 小磯国昭 平沼騏一郎 白鳥敏夫

20年間の投獄(刑に服している間、死にます):

東郷茂徳

裁判所の決定の前に死んだ人々に達しました(病気か病気のため):

永野修身 松岡洋右

メディアに明らかにされると、1979年4月19日に、これはこの日まで激しく続く論争を始めました。

神殿は戦争犯罪人の挑戦的な弁護でさらに多くを怒らせました; 同じパンフレットはクレームを超えても言及しました: 「およそ1,068人の人(戦争犯罪人としてAllied法廷によって誤って起訴されました)がここに奉安されました。」

「神殿の英語ウェブサイトはそれらの1,068をそれらの「だれが戦争犯罪人としてAllied力の紛い物のような裁判所によって残酷に不当に裁かれましたか?」と呼びます。

「1979年の暴露の後に日本の皇帝は、神殿への訪問を支払うのを止めました、そして、これは以来ずっと、ケースのままで残っていました。」

しかしながら、強い声はまた、訪問を支持して[1]日本の人々にいます、東京都知事の石原慎太郎(2004年8月15日に、皇帝がもう一度神殿への訪問を支払い始めるように、彼の強い望みを示した)を含んでいて。

1978年以来神殿の論議を呼んだ自然は数年間領域が主に国内の日本の政治と他国との国の関係の両方を含んでいます。

3人の日本人の首相がそれ以来神殿を訪問することによって、騒ぎを引き起こしました: 1985年のYasuhiro中曾根と1996年のRyutaro橋本と特に小泉純一郎と2004年1月1日。(小泉純一郎は、2003年1月15日に2002年4月23日に2001年8月13日の4回訪問しました)。

一般に、神殿への首相による訪問は特に領域、中華人民共和国、および韓国の国による公式の非難の根拠を引き起こします、そのような動作を見るように日本のMilitarismを合法化する試み。

神殿への訪問も宗教の適切な役割に関する国内の討論で政府で論議を呼んでいます: 自由民主党の政治家の中には、訪問が信教の自由の黙秘権によって保護されて、立法者がそれらに戦争で堕落していた状態で敬意を表するのが、適切であると主張する人もいます。

しかしながら、自分達が非宗教のメモリアルが日本の軍事の死者のために組み込まれるというどんな提案も拒否するので、彼らを光栄に思いたがっている人々は靖国神社を訪問する必要はありません。

また、神殿は非宗教のメモリアルが組み込まれるというどんな提案と「靖国神社は日本の軍事の死者のための唯一無二のメモリアルでなければなりません」という神殿クレームにも反対します。

神殿を訪問するほとんどの日本人がそれを崇敬ではなく、記憶の行為であるとみなします、小泉首相が、彼の論議を呼んだ訪問が日本にかかわる戦争がこれ以上ないのを保証することであると述べていて。

これまで中国が神殿の最も多くの公然と非難する者である、多くの日本人が文化の相違がかかわるのを見ます。

しかしながら、中国人は日本人のように人の犯罪が死の後に解放されて、ことがその中国の批評であることを見ませんが、死者、主要なminsiterによるむしろ神殿の訪問は、日本の軍国主義を合法化する試み、それらのA級戦犯の動作、および右翼愛国心の公的支持政策として政府ヘッドと立法者ではありませんか?

中国と韓国は小泉の動作を批評しますが、首相は言いました: 「なぜそれらが生きていたとき、彼らが犯した犯罪を死者のせいにし続けますか?」

時事問題

神宮は、2004年9月以来公式のウェブサイトが中国のドメインから分散型サービス妨害(DDoS)攻撃で来ていると発表しました。日本語における発表

したがって、ユーザは、ウェブサイトにアクセスするのが難しいのがわかるかもしれません。

一層の読書

ブリーン、ジョン 「平和の陸の死者と生者:」 「靖国神殿の社会学。」 死亡率9、1(2004年2月): 76-93.

ネルソン、ジョン 「儀式習慣としての社会的な記憶:」 「靖国神社で軍事の死者のスピリッツを記念します。」 アジア研究のジャーナル62、2(2003年5月): 445-467.

靖国の論争に関する以上に関しては、見てください:

イジリ、ヒデノリ 「1972年の外交正常化以来の日中の論争。」 中国季刊誌124(1990年12月): 639-661.

ヤン、Daqing 歴史カードの未来の鏡? ‘歴史問題'を理解しています。21世紀の漢和関係で: 補完性と闘争 マリー・セーデルベリによって編集されます。10-31. ニューヨーク(ニューヨーク): ラウトレッジ、2002。

参照

神道
神道音楽
ジンジャ(神殿)
日本の仏教
日本の愛国心
神社のリスト

外部のリンク

靖国神社
靖国の主要な聖職者と彼のPM訪問の眺めのジャパンタイムズからの特徴
靖国神社からの絵
靖国神社のYushukan博物館からの絵

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)

【 感想 】

 全般的には 客観的に書かれていると感じました。歴史の捏造は 日本人が一致団結すれば やがて政府が動き、正しいものになっていくと考えています。 しかし 現在は世界中の常識が 連合国=善で 枢軸国=悪となっていて、当然ながら日本も悪ですね。 これを正確なものに変えていくのは 非常に大変な事だと思います。
posted by hiro at 20:12| Comment(2) | TrackBack(2) | 靖国神社 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです。内容の濃いエントリーですねー。^^いま、たまたまですが、広田弘毅氏の「落日燃ゆ」を再読しているんですよ。
さて、ところで、郵政民営化について、リンクさせていただきました。ご了承いただければと思います。^^
Posted by yodaway2 at 2005年05月17日 22:50
>お久しぶりです。

変わらず訪問させて頂いてはいるのですが ななめ読みやランキングクリックのみの事が多くなりましてf(^^;

>内容の濃いエントリーですねー。

確かに量はありますが あんまりアタマは必要ないんです(^-^) 英語圏や中国語圏ではどんな風に思われているかが 知りたくて、一番安直な方法を実行してみました。誰かちゃんと訳して公開してくれないかな?

>広田弘毅氏の「落日燃ゆ」

情報ありがとうございました。ツンドクが多いのですが いつか読みたいと思います。なにしろ技術バカなので知らないことばかりです!
Posted by hiro at 2005年05月18日 11:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3676570

この記事へのトラックバック

翻訳
Excerpt: 翻訳の最新情報をチェック!ad5();         翻訳 ニュー...
Weblog: [TW] HOTWORDS
Tracked: 2005-06-15 20:11

ついに馬脚を露し「戦陣訓」偏見記述の『ウィキペディア(捏造事典)』「思想戦」展開
Excerpt: ついに馬脚を露し「戦陣訓」偏見記述の『ウィキペディア』( 捏造事典 ) 「思想戦」展開 囁かれている『ウィキペディア(Wikipedia)』に潜む闇   馬脚をあらわす 捏造宣伝 し、つまみ食いし、 ..
Weblog: 子孫に残す真実史観の日本護国史
Tracked: 2007-08-25 16:04