2014年12月30日

朝日新聞 慰安婦誤報 取消記事の概要

1980年3月7日朝刊(川崎・横浜東部版)

連載 韓国・朝鮮人2(27) 命令忠実に実行 抵抗すれば木剣

吉田氏への取材をもとに「2回ほど朝鮮半島に出かけ、“朝鮮人狩り”に携わった」などと記述。現地で警官とともに若者100人を集め、労働力として日本へ送り、抵抗する者には暴力を使ったとする証言を紹介

1982年9月2日朝刊(大阪本社版)

朝鮮の女性 私も連行 暴行加え無理やり

大阪市内であった集会で吉田氏が行った講演内容をまとめた。吉田氏は、直接指揮して日本に強制連行した朝鮮人は約6千人、うち950人が慰安婦だった、と説明した

1983年10月19日夕刊

韓国の丘に謝罪の碑 「徴用の鬼」いま建立

6千人の朝鮮人を日本に強制連行し「徴用の鬼」と呼ばれた、と吉田氏を紹介。田んぼや工場、結婚式場にまで踏み込んで若者たちを手当たり次第に駆り立てた、などと活動を説明している

1983年11月10日朝刊

ひと 吉田清治さん

「国家による人狩り、としかいいようのない徴用が、わずか三十数年で、歴史のヤミに葬られようとしている」などの吉田氏の発言をとり上げた

1983年12月24日朝刊

たった一人の謝罪 韓国で「碑」除幕式

吉田氏が韓国に建てた「謝罪の碑」の除幕式の様子を報じた。「私は戦前数多くのあなた方を強制連行した張本人」などの発言を紹介

1984年1月17日夕刊(大阪本社版)

連載 うずく傷跡 朝鮮人強制連行の現在(1) 徴用に新郎奪われて

本文冒頭で、吉田氏が朝鮮人強制連行業務の一端に連なった、と書き、同氏が韓国・天安に建てた謝罪の碑の除幕式の様子を紹介  (一部取消)

1986年7月9日朝刊

アジアの戦争犠牲者を追悼 8月15日、タイと大阪で集会

吉田氏について、慰安婦を含む朝鮮人の強制連行の指揮に当たったと言及している

1990年6月19日朝刊(大阪本社版)

名簿を私は焼いた 知事の命令で証拠隠滅

「多くの朝鮮人女性を従軍慰安婦として連れ去ったこともあります。当時の私は、徴用の鬼、といわれて誇りに思っていました」と吉田氏の発言を記載

1991年5月22日朝刊(大阪本社版)

女たちの太平洋戦争 従軍慰安婦 木剣ふるい無理やり動員

吉田氏が「私が今日、最も恥ずべきこと、心を痛めている問題の一つは、従軍慰安婦を950人強制連行したことです」などと語った内容を、集会での発言を収録した本を引用して紹介

1991年10月10日朝刊(大阪本社版)

女たちの太平洋戦争 従軍慰安婦 乳飲み子から母引き裂いた

吉田氏のインタビュー記事。慰安婦を強制連行したとして、「若い母親の手をねじ上げ、けったり殴ったりして護送車に乗せるのです」などと語っていた

1992年1月23日夕刊

窓 論説委員室から 従軍慰安婦

「(慰安婦を)戦場に運び、1年2年と監禁し、集団強姦し、そして日本軍が退却する時には戦場に放置した」などと吉田氏の発言を紹介

1992年3月3日夕刊

窓 論説委員室から 歴史のために

吉田氏の告白に多くの投書が来たことに触れ、日本軍の残虐行為を否定する意見を紹介。知りたくない、信じたくないことがある。だが、その思いと格闘しないことには、歴史は残せない、と結んだ

1992年5月24日朝刊

今こそ 自ら謝りたい 連行の証言者、7月訪韓

吉田氏が韓国に謝罪の旅に出ることを報じた。「残虐行為に直接かかわった日本人が謝罪に来た、という歴史を残したい」との発言にも触れた

1992年8月13日朝刊

元慰安婦に謝罪 ソウルで吉田さん

吉田氏が韓国で元慰安婦に謝罪した様子を報じた

1994年1月25日朝刊

政治動かした調査報道

朝鮮に渡って強制的に慰安婦を送り出した元動員部長の証言に、読者から驚きの電話が何十本も届いた、と吉田氏を匿名で紹介

(取消記事18本の内の15本)

吉田清治氏を取り上げ、取り消しなどの対象となった主な本紙記事

(前略)

 外部の方が書かれた「声」欄の投稿や「論壇」「私の紙面批評」への寄稿の3本は、引き続き紙面では公表しないことが適当と判断しています。

 これらすべての記事について、朝日新聞の過去記事を閲覧するデータベースからは削除せず、吉田清治氏の証言は虚偽だと判断したことを示すおことわりをつけます。

記事を訂正、おわびしご説明します 慰安婦報道、第三者委報告書 朝日新聞社
朝日新聞 14/12/23 東京朝刊 37面[3社会]
posted by hiro at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | マスゴミ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/411522466
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック