2007年08月04日

メル凸 産経新聞 07/04/04

【 「A級戦犯合祀で激論」 の解説について 】

産経新聞社御中

 お世話になります。3月29日の産経NetViewの3面の記事「A級戦犯合祀で激論」という記事にあった解説について、質問があります。

1:A級戦犯の解説に 『 重大戦争犯罪人(A級戦犯) 』とありますが A級戦犯を重大であるとした根拠はなんですか?

2:ここの解説文の文責は どこにありますか?

3:イザ語の オフィシャル解説では 『「A級戦犯」は最も罪が重い人という意味に誤用されている』とあります。 どちらの解説が正しいのでしょうか?

以上よろしくお願い致します。


【 Re: 「A級戦犯合祀で激論」 の解説について 】

○○さま

お問い合わせの件、担当者に聞いたところ、「A級戦犯」の解説文は、共同通信社の配信原稿をそのまま載せたもので、文責は共同通信社にあります。

A級、B級、C級を比較すれば、B級、C級よりも罪が重いという意味で、重大という用語が用いられたものと思いますが、弊社の考え方としては、iza語の解説にありますように、ご理解いただくのが適当です。宜しくお願い申し上げます。

産経新聞社読者サービス室





posted by hiro at 23:26| Comment(1) | TrackBack(0) | 凸撃記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
参考記事のリンクを追加しました。
Posted by hiro at 2007年08月05日 21:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。