2005年10月16日

道新が聖教新聞の受託印刷

 毎年10月15日からの1週間は、新聞週間です。 先日、困った地元紙 北海道新聞掲示板を見ていたら 下記の書き込みを見つけました。

あえて道新を褒め称えるスレ

22 名前: 道民1号 投稿日: 2004/05/06(木) 15:00

とうとう
キタ━━(゚∀゚)━( ゚∀)━( ゚)━( )━( )━(゚ )━(∀゚ )━(゚∀゚)━━!!!!!

道新が聖教、公明新聞の受託印刷を開始
5月1日付けから“道新製”。
http://www.bnn-s.com/bnn/bnnMain?news_genre=2&news_cd=220011026464

 毎日新聞だけでなく 一地方紙の北海道新聞にまで 手を伸ばす創価学会! 恐るべし。 他の地方紙にも、手を伸ばす可能性が高いのではないか? と予想します。

 ほとんどのマスコミは 営利団体で、広告費は 経営の柱です。 以前の岡田民主党(ジャスコ)、サラ金、パチンコ そして 創価学会。 金の力で真実が伝えられなくなっているという事を 忘れてはいけません。 改めてそう思います!

 北海道新聞社はその後、BNNの取材に対し、印刷受託の決定理由について「輪転機の多角活用の一環で、商業印刷物として受託した。社内でもさまざまな論議があったが、編集方針には一切影響を及ぼさないことを確認のうえ合意を得た」とコメントを発表。

引用元 (株)ブレーン・ニュース・ネットワーク ニュースサイト BNN

 うーん、最後に 一言v(^o^)

「なぜ」「どうして」もっと知りたい新聞で

第58回(2005年度)新聞週間代表標語
posted by hiro at 16:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 道新批評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月22日

北海道新聞の環境意識

直線曲線

(略)

 まず官房長官がお手本示した。来月から全省庁で軽装勤務。国民には、どうでもいい。内憂外患さえ解消してくれれば。

(略)

北海道新聞 2005/05/25 夕刊1面

成谷利彰の余談閑談 「嫌いだ、クールビズ」

 かつて、盛夏用のスーツを買いに行ったときのことです。デパートの古参店員に言われました。「ぺなぺなの生地ですよ」。少し感情を害したので言い返しました。「盛夏の、さらさらしたのがほしいんだ」

 面白い言葉が返ってきました。「今は室内の空調がいいから、薄い生地でなくても大丈夫ですよ」。盛夏用の服地を知らなかったか、高価な厚手の服の在庫を処分したかったのか。 デパートは、信用を背景に品質と李節を商うものと思っていました。年中、空調がよくて何の問題も生じないなら、初めから夏物商戦や冬物商戦などやらなければよいのです。しかし、暑い屋外で働く人は、どうしたらいいのでしょう。

 今や、クールビズだそうです。やれ軽量素材だ、通気性だと、なかなかにぎやかです。父の日を前に、あのデパートにもコーナーが特設されていました。

 でも、と思います。いい年をした男の、ゴルフ焼けした顔に眼鏡の縁と歯だけが異様に光るのは、それだけで何か怪しい。教養より欲得。妄想が浮かびます。談合の光景です。下手に老いた冒険ダン吉か(古いね)と恥ずかしくなります。 恐る恐る鏡を見ます。「ネクタイがなかったら、ただのあほうだ」。とりあえずクールビズは見合わせよう。そう思いテレビのスイッチを入れました。軽装の品性が感じられない男が口論しています。国会中継でした。(論説委員

北海道新聞 2005/06/18 夕刊8面

【 参考 】

どうなの?@読者の声ネット版

◆今回のテーマ  夏の軽装クールビズ

 夏の軽装「クールビズ」が6月から、中央省庁や地方自治体を中心に展開されています。クールビズは、クールとビジネスを組み合わせた造語で、公募で選ばれました。夏は「上着なし、ノーネクタイ」の涼しい姿で仕事をしようと、政府が地球温暖化防止のため提唱している軽装運動です。

 地球温暖化防止を目指す京都議定書が二月に発効しました。温暖化を防止し、省エネルギーを進めるためには、国民の理解と協力が欠かせませんが、ノーネクタイというビジネススタイルには、なじみが薄い面もあります。

 政府はかつて「省エネルック」を提唱したことがありますが、浸透しませんでした。クールビズについて、簡潔な意見をお寄せください。

【 感想 】

>内憂外患さえ解消してくれれば。

どうやら、環境問題は 内憂外患には入らないようですね!

> いい年をした男の、ゴルフ焼けした顔に眼鏡の縁と歯だけが異様に光るのは、それだけで何か怪しい。教養より欲得。妄想が浮かびます。談合の光景です。

 ...なんと 貧弱な想像力でしょう(-_-)

>「ネクタイがなかったら、ただのあほうだ」。
>軽装の品性が感じられない男が口論しています。

 北海道新聞的には ただのあほう品性が感じられない男、どっちが より悪い印象なんでしょうか?

 北海道新聞にとっては、環境問題ですら 権力者を非難する道具ですから! 権力者が嫌いなのは良く分かりますが、読者の求めている記事は 非難じゃなくて、批評ですから!! 再度言います、判と価ですから!!!

 しかし なんというか、情けない(-_-) こんな人たちが書いている北海道新聞。 読者の方は十分理解して読みましょう...

posted by hiro at 20:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 道新批評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月04日

読者の声 01/03/29

 物置を片づけていて 古ーい道新が出てきました(^-^)

特集 日の丸・君が代

強制される歌に将来はあるのか 上○ ×吉 52歳

(略)国民に親しまれないのは、戦争という悲運の過去と、 卒業式など特別な場で特別視されるという弱点があるからだと思います。
 国民の思いが集約された国歌であるためには、ほかの人の目を気にせず、いつでもどこでも自信を持って歌えることが大切です。 今、教育の場で、この歌は強制され、処罰の対象に変身しました。強制され歌う国歌に、どんな魅力と将来があるのでしょうか。

政府の奇弁許す 未熟な市民意識 ○ 好× 65歳

(略)血塗られた歴史を持つ国旗ほどではないものの、 国家は民主化されたはずの日本に全くふさわしくないものです。
 「君」を国民と解釈しては、というのは奇弁です。(略) 政府・自民党が強制してくるのはなぜでしょうか。革新勢力との対決、組合つぶしにほかならない、と考えています。
 日本には、正しい市民意識が育たないのでしょうか。残念に思います。

教育現場の混乱 生徒にしわ寄せ ○田 ×子 62歳

(略)賛否両論は世の常。だが、日の丸も君が代も日本を表すものには違いない。(略)
 卒業式のステージで教師とPTAが日の丸を結んだポールを引っ張り合い、生徒は泣き出し卒業証書も受け取らぬ生徒も出たなど、本当にあったのだと思うと教育とは何かをつくづく考えさせられた。政治も教育も落ち着いた日が早く来てほしいと願う。

由来や歴史など教えるのが基本 ○木 孝× 82歳

(略)私は、道教委も北教組も基本的なことを忘れていないだろうかと思う。それは、国旗国歌の由来や、歴史、民族などとのかかわり合いを児童生徒に教えているだろうかということ。(略)また、北教組は、国旗国歌のどこが悪いのか、具体的に示してほしいと思う。国旗国歌を尊重すれば、今にも戦争が起こるような錯覚を持たせないように望む。

教委、教員とも もっと冷静さを ○本 哲× 36歳

(略)職務命令に反発するのは理解できるが、卒業式の主役は卒業生、生徒たちである。反対の意思を表すために起立しない、斉唱を拒否するほか退場した教師もいたそうだ。教師のそういう姿を見せられ、生徒たちは信頼すると思うだろうか。信念のためなら何をしても許されるということになりはしまいか。
 もっとお互い冷静になって、卒業式の最中に憎悪むき出しで角突き合わせることが、教育者として正しいかどうか考え直すべきだと思う。

為政の責任に目を向けるべき 高○ × 74歳

(略)日本は天皇中心の神の国として、天皇に忠誠を尽くすことが最大の責務であると教えられた。(略)こうして天皇をあがめる「君が代」は、戦前教育のバックボーンとして、大きな役割を果たしてきた。
 過日、この欄に「君が代」の戦争責任論が掲載されていたが、お説の通り、歌そのものに責任があるのではなく、それを利用した為政者に目を向けるべきではないか。

学校行事の時は 校旗校歌がよい ○島 ×三 77歳

(略)日の丸、君が代が第二次世界大戦時、国家的に悪用されて以来、問題視されているが、私は卒業式、入学式は学校行事であるから、学校最高象徴の校旗掲揚、校歌斉唱で筋が通ると思う。日の丸、君が代はといえば、スポーツその他国際交流の場で必要に応じて実施、施工すればよいと考える。(略)

北海道新聞 2001/03/29 6面[読者の声]

【 感想 】

 今から4年前は こんな感じでした。

>日の丸、君が代はといえば、スポーツその他国際交流

 日の丸はさておき、君が代は音楽の授業で習いましたっけ? 学校で君が代を歌わなければ、どこで覚えるんでしょうか? エッ塾、社内教育...

>信念のためなら何をしても許されるということになりはしまいか。

4年も前に 日本版愛国無罪がありましたorz

>国旗国歌を尊重すれば、今にも戦争が起こるような錯覚を持たせないように望む。

もー激しく同意!

posted by hiro at 17:05| Comment(4) | TrackBack(0) | 道新批評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月03日

ニュースへの視点 桂 敬一 05/05/02

誠実な謝罪が信頼への一歩

 中国各地の「反日デモ」参加者の一部が日本大使館・領事館はおろか、民間の日本料理店にまで破壊攻撃を加えた行為は、論外である。日本政府は被害に対する補償を、秩序維持に責任を負う中国政府に、当然求めなければならない。

 しかし、大もとの「反日デモ」がなぜ繰り返し、しつこく起こるのかを考えるとき、当の中国だけでなく、韓国シンガポールなども指摘するとおり、日本の政府関係者や与党政治家などの「歴史認識」のお粗末さに原因があるということを、残念ながら認めざるを得ない。

戦争責任で独と差

(全略)

世界が日本を注視

 日本の政府責任者が、中国の南京大虐殺受難同胞記念館や悪名高い「七三一部隊」 跡を、韓国の「三・一事件」記念施設やシンガポールの日本軍占領期殉難者記念塔を、真正面から訪ね、犠牲者に対して誠実に謝罪したことが、 果たしてあっただろうか。

 世界は、日本がこれまでなにをして、なにをしていないか、よく知っている。そして、いまも日本をじっとみつめている。私たちはその問いかけるような眼差しをしっかり受け止め、世界の信頼が獲得できるように、行動で答えを出していかなければならない。

北海道新聞 2005/05/02 夕刊5面

【 参考 】

良質のジャーナリズム 桂敬一の視点

メディア関係者、 NHK問題に関する緊急記者会見

日本ジャーナリスト会議 代表委員 桂敬一(他6名)

NHK裁判第四回口頭弁論・ 報告集会

【 感想 】

 桂 敬一氏の このコラムはわりと読んでいるんですが、今回のはすごかった! 桂氏は 新聞研究の専門家として有名な方なんだそうですが、思想は偏っているようにしか思えません(-_-)

posted by hiro at 13:25| Comment(7) | TrackBack(2) | 道新批評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月19日

反日デモ(暴動) 道新の解説

日中で教科書検討を/反日容認許されぬ/日本は過去を見つめ直せ

各国の主要紙

 中国の反日デモをめぐって、 世界の主要紙では冷静な対応を呼びかける論調が目立った。 日中両国はアジアの大国として行き過ぎたナショナリズムを抑え、 地域の安定を実現していくべきだという見方が大勢を占めている。

上記では「論調が目立ち、大勢を占めている」 のに 選んだ新聞引用部分

英紙ガーディアン(13日)

 (日中の信頼関係は)「定期的なコミュニケーションによってのみ築かれる」 日中両国が委員会を作って歴史教科書の記述内容を検討すべきだと提言した。

米紙ニューヨーク・タイムズ(12日)

 「日中両国が緊張緩和のための方策を追及することが重要だ」

仏紙ルモンド(12日)

 (東アジアのバランスの維持を、中国の反日デモが) 「崩してしまう危うさをはらんでいる」(デモを)「容認」(しているのは)「正当化できるものではない」

米紙クリスチャン・サイエンス・モニター(12日)

 「毛沢東時代の『大量殺りく』や天安門事件を経験した中国が、 日本を批判する立場にないことは 中国自身も分かっていること」

独紙フランクフルター・アルゲマイネ(12日)

 社説【ニッポンの汚点】 「日本が過去を見つめ直すことを学ばない限り、 北東アジア地域の隣国との過去を清算することはできない」

シンガポール英字紙ストレーツ・タイムズ(12日)

 「日本が戦時中の暗黒の過去を認めようとしないことが問題なのだ」

 結局のところ

・小泉総理がトップ会談をしていないことを暗に批判し

扶桑社の教科書が悪いので すりあわせ(修正)を求め

・突っ込まれると思われる中国の非も一応認めつつ

・日本が過去を反省しないのが悪い

という事を 外国の新聞から寄せ集めて主張しているだけですね!

日中で教科書検討を反日容認許されぬ日本は過去を見つめ直せ 分かりやすーいf(^^) oioi

北海道新聞 2005/04/15 5面[国際]
posted by hiro at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 道新批評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月14日

竹島の道新見解

 竹島に対する見解は、北海道新聞の政治的位置を象徴している部分です! 北方領土の報道と比べてみて下さい。

2005/05/24 3面[総合] 竹島支配強化へ 韓国11億円支出
         日韓が領有権を主張する竹島(韓国名・独島)

2005/05/18 4面[総合] 「竹島に本籍」26人
         領有権をめぐり韓国と対立している竹島(韓国名・独島)

2005/05/08 6面[国際] 「反日」は観光資源?
         日韓が領有権を主張している竹島(韓国名・独島)

2005/04/06 社説
         日韓が領有権を主張している竹島

2005/03/15 6面[国際] 竹島上陸制限緩和か
         日韓両国が領有権を主張している竹島(韓国名・ 独島)

2005/01/17 8−9面 学校の教材に役立つ大図解
         日韓両国が領有権を主張して対立している。

【 参考 】

外務省 竹島問題

1.我が国の一貫した立場

(1)竹島は、歴史的事実に照らしても、 かつ国際法上も明らかに我が国固有の領土である。

(2)韓国による竹島の占拠は、国際法上何ら根拠がないまま行われている不法占拠であり、韓国がこのような不法占拠に基づいて竹島に対して行ういかなる措置も法的な正当性を有するものではない。

(注:韓国側からは、我が国が竹島を実効的に支配し、領有権を確立した以前に、韓国が同島を実効的に支配していたことを示す明確な根拠は提示されていない。)

【 感想 】

 とりあえず残っていた記事から拾い出しました、きっとまだまだあるはずです(-_-) 見つけた方はコメント頂けると幸いです<(..)>

05/05/09 12:15 追記
05/05/22 15:05 追記
05/05/24 21:10 追記
posted by hiro at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 道新批評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする