2014年08月31日

たかじんのそこまで言って委員会 14/08/24

 先日放送された たかじんのそこまで言って委員会−「2014年上半期 名言・暴言大賞」の 一部のテキスト起こしをしました。

出演

山本浩之副委員長、金 美齢氏、津川雅彦氏、桂ざこば氏、加藤清隆氏、長谷川幸洋氏、宮崎哲弥氏、竹田恒泰氏、山口もえ氏


2014年上半期 暴言大賞ノミネート

加藤氏

「河野さんのあの言い方が、朝日新聞の言い訳とそっくりなんですよね。 なぜなら 私 昔 新自由クラブっての担当してて、河野洋平さんとこ 朝回りしてました。」

「毎朝、朝日の社説を お読みになってるんですよ。 で、ある時私  『なんで先生 いつも朝日の社説ですか?』   『う〜ん 今日の演説は 何を言おうかと思って。』  朝日の社説を 彼は‥‥」

山本氏

「あっ そうなんですか? 他の新聞は読んでなかったんですか?」

加藤氏

「少なくとも僕が行ったら、必ず朝日でした。」

posted by hiro at 09:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 番組批評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月15日

報道2001 06/10/15

 今日放送された 報道2001−「緊迫 北朝鮮核実験で日本は」の 一部のテキスト起こしをしました。

出演

竹村健一氏、黒岩祐治キャスター、島田彩夏キャスター、麻生太郎外務大臣、慶應義塾大学 小此木政夫教授、独立総合研究所 青山繁晴社長


北朝鮮に制裁決議 日本に何が出来る?

竹村氏

「大臣 あのー。 これでみんなに知ってもらいたいのが、国際社会が国連の決議で決めた制裁よりも、日本が独自でやる制裁が 相等きついという事ですね。 それで余計 北朝鮮怒んの違うかなと、いう気持ちは 決める時にあるでしょう。」

「それで 向こうが北朝鮮が特に日本にだけ厳しい形で 対処して来るかどうかっていうようなのを僕ら 心配になるけどね。」

麻生大臣

「あの軍事的に出てくるというんであれば それは、日米安全保障条約で。 従って今回、あのー竹村先生 最大の関心はこういった状態になった時に 日米安全保障条約に基づく核の抑止力が一番、きちんと作動しますか? というのの確認が我々にあった最初の仕事です。」

「従って ライス国務長官とその点の確認が一番最初の仕事でしたから。 きちんとするというのの前提にして 我々はスタートさせました。」

竹村氏

「あーそれじゃ ま 厳しい態度を取ってんのは 単に向こうがやってきたから、一番被害を受けるのが日本やから 日本は厳しいぞというだけやなくて そういう時の後ろの備えは、外務省は あるいは日本政府は考えてやってくれていると。」

麻生大臣

「はい、一番最初にそれ手つけました。」

竹村氏

そりゃ結構な事で。

posted by hiro at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 番組批評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月28日

ニュースJAPAN 06/05/26

 先日放送された ニュースJAPAN−「旧日本軍 化学兵器を中国に引き渡し?」の テキスト起こしをしました。

出演

松本方哉キャスター、滝川クリステルキャスター

VTR登場

男性ナレーション、自民党 戸井田徹議員、外務省 梅田邦夫参事官、山口誠一郎記者、安倍晋三官房長官


旧日本軍 化学兵器を中国に引き渡し?

松本キャスター

「さて 旧日本軍が遺棄したとされる化学兵器について、兵器が引き渡された事を示す書類が見つかりました。」

滝川キャスター

「この発見は国会でも取り上げられました。」

VTR−『遺棄の化学兵器 実は”引き渡し”?』

男性ナレーション

旧日本軍が遺棄したとの前提で、日本政府が資金や技術などを提供してきた化学兵器処理問題。26日に行われた衆議院内閣委員会で、自民党 戸井田議員はこの問題に疑問を示した。」

戸井田議員

「お手元にお配りいたしました引き継ぎ書にあります、日本側と中国側の授者(受者)の署名・捺印は、引き継ぎ者側の同意を得ていた事になります。」

男性ナレーション

「この資料は、旧日本軍が中国やソビエトに化学兵器を正式に引き渡したとされる兵器引き継ぎ書。」 「ジャーナリストの水間政憲氏から提供されたものだ。」

戸井田議員

「旧日本軍の化学兵器なども同じように引き継ぎ者側の同意を得ていたのであれば、当然、旧日本軍の化学兵器といえども、所有権は中国側に移行したものと理解しておりますけれども。」

梅田参事官

「今この時点でですね。明確なお答えを、おーする事はですね。あのー出来ない。」

男性ナレーション

「日本は1997年発行の化学兵器禁止条約に基づき、廃棄することが義務づけられている。日本政府は2000年以降、970億円を投じて化学兵器の発掘、回収事業を実施。事業総額は2,000億円以上とみられる。」

山口記者

「このハルバ嶺の中にあります、私の足の元地下3mから4mの場所に遺棄化学兵器が眠っています。」

男性ナレーション

「(中国)吉林省敦化市ハルバ嶺には、遺棄化学兵器が30万発以上も眠っている。 中国やソビエトに化学兵器が引き渡されていた場合、遺棄したのは旧日本軍ではない可能性もある。 戸井田議員は指摘の意義をこう強調した。」

戸井田議員

「中国との関係というのがもういっぺん ガラッと変わってくる可能性ありますよ、それは。」  「この遺棄化学兵器に関してはね、関係をきちっと精査して 真実はなんだったのかという事をね、そこに出せる資料なわけですよ。」

安倍官房長官

「遺棄化学兵器が えー当該目録に記載されているかどうかと、いう事は一つの これは、ある意味ではポイントになるだろうと。」

男性ナレーション

「日本政府も精査の必要があるとした兵器引き継ぎ問題。兵器が中国やソビエトに引き渡されていたなら、補償を求めてきた中国と日本外務省の姿勢が問われることになる。」

松本キャスター

「はい、見つかった引継ぎ書は国としてもしっかりと検証して 正しい歴史認識に役立てるべきだと思います。」

posted by hiro at 22:10| Comment(0) | TrackBack(1) | 番組批評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月04日

ムーブ! 05/12/13

 以前放送された ムーブ!−「ニュースバカ一代 天皇制継承問題(SPA 12月20日号)/勝谷誠彦」の VTRのテキスト起こしをしました。


鰻屋のタレの喩え

ナレーション(勝谷氏役)

(略)

「男系の意味について説明する為に、あえて卑近な例をあげる。 鰻屋(うなぎや)のタレの喩えである。」

「江戸時代から続いていた日本一の味を誇る老舗の鰻屋があった。 しかし不慮のもらい火で焼けてしまい 創業時からのタレを消失してしまう。 焼いた鰻を浸け続けてきた、そのタレこそが老舗の味の神髄だったのだ。」

「若女将が言った。 『 鰻の仕入先は同じだから品質が変わるわけではありません。 新しいタレを作りましょう! 』 」

「しかし 先代からの老番頭は反対した。」

「(老番頭) 『 明治時代に暖簾分けをした店からタレを貰いましょう。 少なくとも江戸から明治の間の うちの味は、そこに残っているはずです。 』 」

「あなたがお客なら どちらの道を選んだ老舗を、今後も贔屓にしつづけるだろうか? 私なら老番頭を応援する。 元の味に近づく次善の策があるならば、それを採用すべきだと思うからだ。」

「若女将の意見は、老舗がなぜ老舗たりえているかという 根本のところで間違っている。」

「天皇制の男系継承を維持する為に、旧皇族を視野に入れるとは 暖簾分けした店にタレを貰う事に他ならない。」

「それがそんなにいけない事なのだろうか? 敢えて不敬の謗りを覚悟して、かく喩える次第である。」

posted by hiro at 22:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 番組批評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月29日

報道2001 06/01/29

 今日放送された 報道2001−「竹村健一のいっぺん言うてみたかった」の テキスト起こしをしました。

出演

竹村健一氏 黒岩祐治キャスター 島田彩夏キャスター 前原民主党代表


竹村健一のいっぺん言うてみたかった

竹村氏

「色々な問題をこの番組ではやってますが ひとつ今日あんまり言われなかったのが この天皇の問題ですね。 皇室典範を変えようという話が 今ある。」

【 皇室典範の審議 急ぐな [地球を読む]−読売新聞 1面左 中見出し 】

「で 中曽根さんが 今日の、今朝の読売新聞で皇室典範の審議を急ぐなと。 実際 あの愛子さんのそういう問題になるまでは まあやっぱり何十年間かあるしですね。」

「それからもうひとつ大きな問題は 私も同意するのは、女性天皇と女系天皇というのが区別が一般の人に どうもわかんない。 この間もある割りあい上等の人達の集まりでですね。 その話したら 『あー女系というのは そういう意味ですか。それでいかんのですか。』言われたけど、 それはもうちょっと テレビで言えないような あの色々な事あるんで、他のもんで読んで欲しいんですが。」

「それともう一つは、この日本のずーっと男系の天皇が ずっと君主で来たというのは 世界に例がない!

「僕はよく日本の常識は世界の非常識いうて、世界に合わすべきや 合さないかんいうような事を言うて来ましたが(島田キャスターうなずく) 同等に、逆にどうしても日本にとってええ事やったら続けるべきだと思う。」

この男系の天皇が続いたのは 世界の歴史にないんです、他の国に。

「それでですね、もうハンチンソンなんかでも 八大文明という中で 日本だけ中国文明と切り離して別の文明だと。 その問題で大きいのは 神道とこの天皇制の問題だと思うんですが、もう時間ですから止めますけれども。」

「そこでですね、この小泉さんが あの神道に基づいてというか この靖国神社の方は えらい こう日本的な事を言うてんのに、何で天皇陛下だけは はよう もう今回の国会で処理しよういうてる。」

「それはちょっとっ!!!   急ぎすぎですよ、と言うときたい。」

黒岩キャスター

「この問題民主党いかがですか? 前原さん。」

前原代表

「ま あのー日本の歴史 国家の体制に関わる問題ですから  じっくり議論すべき問題だと。 また 国民にやっぱり 天皇制ってのは 理解され、これからも 受け入れてもらわなくてはいけない問題だと思っておりますので、慎重審議が必要だと思います。」

黒岩キャスター

「この国会注視しています。」

全員

「ありがとうございました。」

posted by hiro at 21:26| Comment(0) | TrackBack(3) | 番組批評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月13日

ニュースJAPAN 05/11/07

 先日放送された ニュースJAPAN−「皇室典範改正を考える」の テキスト起こしをしました。

出演

松本方哉キャスター、滝川クリステルキャスター、和田圭解説委員

VTR登場

有識者会議 吉川弘之座長、高崎経済大学 八木秀次助教授、静岡福祉大学 高橋 紘教授、男性ナレーション、女性ナレーション、年配の女性、若い女性、女性インタビュア、年配の男性、平沼赳夫元経産相、男性記者、小泉純一郎総理


皇 室 典 範 改 正 を 考 え る

松本キャスター

「さて 皇室典範の見直しを話し合います政府の有識者会議が 会合を開きました。」

滝川キャスター

「女性天皇容認という方向性が打ち出されそうですが、専門家の間では依然議論が分かれています。」

<VTR開始>

男性ナレーション

「2,665年間の世界に類を見ない わが国固有の歴史と伝統を、平成の御世でいとも簡単に 変更して良いのかどうかです。」

『 皇室典範改正 論点検証 』

女性ナレーション

「皇位継承順位5位、天皇陛下のいとこにあたる三笠宮寛仁様が 福祉団体の会報に寄せられた文章である。」

吉川座長

「皇位継承資格を女子や女系の皇族に拡大する ということを基本に報告書の取りまとめに向けた 作業を進めるということで 意見の一致をみました。」

女性ナレーション

「皇室典範に関する有識者会議は、女性 あるいは 女系の天皇の容認も視野に入れて 議論する方針を決めた。」

八木助教授

「女系を認める事は これは天皇制度の終わりの始まりであると、と言えます。」

高橋教授

「現在の皇室典範でいくとですね、このままでいくと 天皇の皇位継承者だけではなくて 宮家のほうもですね、まーあのなくなるといいますか。そういう事になるわけですね。」

年配の女性

「やはり男性がずっと継いでいくべきだと思ってますけど...」

若い女性

「うーんでも 男女差別は、嫌なので (女性が)なっても問題ないとは思いますけど...」

【 皇室典範の改正 】

女性ナレーション

「有識者会議で協議中の 皇室典範の改正、女性天皇の是非を専門家に聞いた。」

高橋教授

「現在のその世論調査をですね見ますと だいたい8割ぐらいがですね。女性天皇でよろしいという風に言っている訳ですから。 それはその国民とともにある象徴天皇ということはですね、まあ あの女性天皇女系天皇 これをまあ認めていくんだというような事なんですね。」

「最初に生まれたお子さんがあのー天皇になる 将来の皇位を継承するという事になりますとね。 国民全体もね やっぱり この方が その男のお子さんであれ 女のお子さんであれ この方が将来のですね 天皇だということで 祝意も湧くんだと思うんですね。 それから、ご両親の育て方っていうか 心構えっていうか あっ0歳からですね、この子は将来天皇になるんだという事で なにもその帝王学とかなんかっていう難しい事をいうんではありませんけども 心構えとして やっぱりそれが出来ると。」

八木助教授

「125代 まあ2000年とも、2665年ともいわれている この長い長い我が国の天皇の血筋というものは まあ一貫して その男系で継承されてきたと。 原理としてもうすでに確立したものですので これを現代に生きる我々のその判断で 簡単に変えていいものではないと思いますね。 えー もう非常に重い、歴史の重みがあると思います。」

女性ナレーション

「この40年の間 皇室には男性が生まれていない。 多くの専門家は女性天皇やむなし、との認識だ。 しかし話はそう単純ではない。」

【 女天皇 と 女天皇 】

女性インタビュア

「女性と女系っていう 違いって分かりますか?」

年配の男性

「女性と女系?」

女性ナレーション

「女性天皇は 単純に女性が天皇になるということ。 一方 女系天皇とは 天皇の血を引く女性が生んだ子供が天皇になる事を指す。」

「現在の皇室を考えると 愛子様が即位されれば 女性天皇、 愛子様の子供が即位されれば 女系天皇となる。」

女系天皇

「皇族の歴史では 過去に8人の女性天皇がいたが すべて女性天皇であり、女系天皇ではない。」

女性天皇

系天皇 と 系天皇 】

八木助教授

「その時々の天皇の近親に 男系の男子がいらっしゃらない場合には それをうんとこう血筋をさかのぼって 別の系統 すなわち傍系 あるいはもっとわかりやすく言えば分家。 そちらの方のその男系の男子が 次の皇位継承者になるという事を繰り返してきているわけです。」

「今現在の天皇 それから生まれながらにして皇族である方というのは、この純粋に男系で継承された血をお持ちであるがゆえに その立場におられる という事で いわば純粋な男系の血統をお持ちである という事が最大の天皇を天皇たらしめているものだと思います。」

「まあそういう その血統上のその違いを無くなった天皇を頂く という事に 国民はそれを果たして受け入れる事が出来るのか。 また 尊崇の念をもって そういった、その存在を見ることが出来るのか。」

高橋教授

「伝統ってのは形式とかなんかではなくて 精神の問題なんですね。 つまり天皇としての精神 例えば 歴代の天皇が受け継いできたですね、象徴天皇という精神 平和を愛好するという精神ですね その精神の問題であって そこで何もその形をですね 形というか血統とか そういった事は言わなくてもいいんだという風に思うんですね。」

女性ナレーション

「女系天皇を容認する方針の有識者会議では、即位する優先順位を 男女隔てない長子優先にするか 兄弟間では男子優先にするかに議論が移っている。」

【 有識者会議 と 国会議員 】

女性ナレーション

「ここに来て 小泉総理の私的諮問機関である 有識者会議そのものへの異論が出てきた。」

「皇位継承問題は 慎重な討議が必要だとする 超党派の国会議員懇談会 平沼会長はこう指摘する。」

平沼元経産相

「そのメンバーを見てもね、別に個人的な恨みとかそんな何にもないんだけれども。 まあ その日本の 伝統ですとか、文化ですとか あるいは皇室の事についてのね 詳しい知識を持っている人は一人もいないんですよ。」

「政治家も一切関与させないし、まあ 御皇室の方々の意見も聞かないと。 まあ こういう事はね 非常になんか人気取りでね、なんか改革改革と叫んでいる人はいますけれども 同じ その郵政の改革やなんかのね次元で 考えるべき問題じゃないと私は思います。」

女性ナレーション

「今日15回目の会合を開いた有識者会議は、今月中にも最終報告を取りまとめる方針で 改正案は 来年の通常国会にも提出される見通しだ。」

男性記者

「通常国会に 改正案を提出するという意向自体に変化はありませんか?」

小泉総理

「えー その方向で今 準備を進めております。」

<VTR終了>

松本キャスター

「まあ今日の会議では 焦点の皇位の継承順位について 男女を区別せずに 直系の第一子を優先させる方向で議論を進めて行く事になりました。」

「スタジオは和田解説員ですが、報告書は集約の方向に向かっているそうですが 女性、女系天皇の容認 という方向性が打ち出されそうですね。」

和田解説委員

「ただこの有識者会議の議論を国民が正しく理解できているかというとそうでもない。 各紙の世論調査を見てみますと 例えば女系や女性天皇の容認に国民の理解が進んでいるのは 男女平等を念頭にというのがもっとも多い。 ところがこの有識者会議は 別に男系男子に限るという伝統を否定したり 男女平等を根拠として女性や女系天皇を認めようとしているわけでは 実はありませんで 将来の皇位、後継者不足をどうしたらいいか という事で議論をしているわけなんです。」

「最終的に国民の出す結論は同じかもしれませんけれども、この有識者会議は原則非公開という形で運営されてきた事を考えますと 政府が通常国会に改正案を提出する前に 国民に丁寧に説明をしたうえで、改めて合意形成に向けて 世論の動向を把握する必要があると思うんです。」

松本キャスター

「もって合意の形成をはかる必要があるという事ですね。」

和田解説委員

「そういうことですね」

松本キャスター

「はい わかりました。 和田さんの今夜の解説でした。」

posted by hiro at 17:23| Comment(0) | TrackBack(3) | 番組批評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月25日

FNS ALLSTARS あっつい25時間テレビ

 毎年 なんとなく見てしまうフジテレビ系列の25時間テレビ。 今年の「FNS ALLSTARS あっつい25時間テレビ やっぱ楽しくなければテレビじゃないもん!」も ちょこちょこ見てしまいました(^-^)

 総合司会の笑福亭鶴瓶師匠の 「ちゃんとやります宣言」と 明石家さんまさん主演のスペシャルドラマ 「THE WAVE」の予告を見てましたので このふたつは注目してました。

 予告自体、鶴瓶師匠が逃げる為の前フリとは 思っていませんでしたので 「そー来たか!」と思いました。 TBS 「アッコにおまかせ!」とのコラボではリモコンを持って 両局を切り替えながら見てました。

 「THE WAVE」は 電波ジャックという事なので ライブドアの問題がベースにあることは容易に想像出来ました。 さすがに全部は見てませんが、お笑い好きのせいもあって 好演が印象に残りました。 ただ正直 ストーリーには無理があったような気もしました。 でも 視聴者に伝えたい事は良く分かりました。 最後に判明する犯人のリーダーが 堀江社長なら爆笑でしたネ!

 面白い企画といえば 戦後60周年企画 陸上自衛隊と在日米軍の運動会ですね!  正直ビックリです(◎o◎) 迷彩服を着た両国の自衛官、軍人が出て来た時に イラク派遣の自衛隊が 帰国時成田空港に背広で帰国した事を思い出しながら 時代は変わりつつあると思いました! 日米をミックスしたあたり なるほどと思いつつも ちょっと残念な気もしました。 日米同盟が少し実感できました(^o^)v

 まとめの笑福亭鶴瓶師匠の話は、非常に胸を打ちました! 堀江社長の考え方をほぼ否定し 人が中心であると言う、当たり前の事を話されていたと思います。 鶴瓶師匠の言われた「客良し 店良し 世間良し」 これは共存共栄のことを表していますよね! 日本は、いや世界は この考え方を理想として、持ち続けなければいけないと思っています。 とてつもなく長い道のりでしょうが、そうして初めて真の平和が構築されると思います。 熾烈な競争のある芸能界に、長年いらした鶴瓶師匠の言葉だけに深いものを感じました。

 土曜日には まるで主役のように扱われていた堀江社長(ほとんど見ませんでしたけど)。 しかし番組の根底にあるものは 6月下旬に退任された、ニッポン放送の亀渕前社長が 騒動の頃に話されていたポリシーそのものだったようです。 フジテレビのしたたかさを感じたのは、私だけでしょうか(^o^)/

 最後になりましたが ドッキリで騙されて 走り続けた山中アナ、本当にお疲れ様でした! はたして25日は有休(代休?)取れるんでしょうか?  ちょっと気になります(^-^)

posted by hiro at 00:19| Comment(0) | TrackBack(1) | 番組批評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月01日

NHK海外ネットワーク 05/05/01

 とりあえず テロップの部分だけですが、テキスト起こししました。見ていない方にも雰囲気は伝わると期待してます(^^)

過激反日デモに対する各国メディアの論調を徹底検証 道傳 愛子

反日デモ 世界はどう見た

韓国 KBS

中国では反日デモが広がり 暴徒化する様相を見せている
一度高まった反日の感情は おさまりそうにない

靖国神社の参拝中止など 日本側に譲歩がないかぎり
デモはさらに 激化するものと思われる

シンガポール CNA

小泉首相は日中首脳会談を前に 謝罪を表明 中国と緊張緩和目指した
同じ日 日本の国会議員80人が 靖国神社を参拝
日本側は予定されたものと主張するがタイミングは最悪

マレーシア 中国系住民による反日集会

我々の怒りは日本の犠牲となった中国や韓国の人と同じものだ

「ルックイースト」政策 アブドラ首相 マハティール前首相

華僑ネットワーク

マレーシア ル・ペイチュンさん(日本語で発言)

感情の面では同胞に近い中国のことを応援する
被害者として中国がやっていること 理解できないわけではない

スペイン TVE

中国の反日デモは事実上 当局に黙認され広がりを見せている
デモの様子を撮影しようとしたが 当局に妨害された

問題は当局にも デモの統制がきかなくなっていること

フランス F2

中国に住む数十万人の日本人は 不安を募らせている
北京で暮らす日本人女性が 心境語ってくれた

日本人女性 「中国の人が告発する歴史問題は私たちの世代の責任ではない なぜ今私たちが攻撃されるのか理解できない」

イギリス タイムズ

”中国はもっと大人の対応を”
日本は17回公式に謝罪 中国は一体何を求めているのか

アメリカ ワシントンポスト

”中国政府が反日デモあおった”

胡錦涛政権は自らの目的のため ナショナリズムに火を付け−
利用しようという危険で無責任な決定をした

ワシントンポスト アントニー・ファイオラ 北東アジア総局長

日中の対立ということだけでなく 中国の内情が伺える出来事として注目
抗議デモの拡大は 中国政府の手にも負えなくなっている
今のところは反日かもしれないが 2、3週間後には民主化要求デモかも
中国政府の対応 デモの変化あるのか そこに注目

胡錦涛国家主席 異例の会見

中日関係には多くの困難があるが 両国の友好関係を発展させる方針に変わりない

中国 上海テレビ

容疑者1 「犯罪はゆるされない」
容疑者2 「とても後悔 私の過ちを教訓に」

大学で対話集会

学生1 「自分の愛国心をどう表現するべきか」
学生2 「国連の常任理事国入り目指す 日本の外交姿勢は極めて攻撃的に」
学生3 「日本の主要メディアはデモを大きくとり上げた しかし中国国内ではしばらくの間 報道はほとんどなかった」

中国外交学院 呉 建民院長

日本と中国は体制もメディアも違う これは複雑な問題で将来海外に行けば理解できる
21世紀の愛国的行為とは 国家利益を考慮して行動すること

中継 北京 北川 薫

北京 きのう 日系スーパーの開店

イトーヨーカ堂 塙 昭彦中国総代表

(反日) 活動が下火になってきた 警備体制も通常どおりと考えている
記念日などの問題もあり 若干(警備員を)増やす

40年余アジアを取材 サム・ジェームソン記者

Q 中国情勢は変化しているか

まず今回のことで中国政府が非常に不安定な状態に陥るおそれがあるのは確か

中国政府が暴力行為を容認していることは−
中国が国際社会の一員として 成熟していないことを示している

日本に対してどんな不満があろうと暴力行為や破壊行為は許されない
中国が謝罪を拒んでいることは認められることではない

天安門事件で中国政府は抗議行動を戦車で鎮圧したが今回はしなかった
しかし天安門事件で見られた不安定な状態が今でも存在すること明らかに

国民を統制できなければオリンピックを無事開催できるか能力を問われる

Q 日中関係 米の勘案か

アメリカはアジアで戦争起こさせないこと 何より重要だと考えている
仮に日本と中国が戦争する事態になれば激しいものになる

なにより重要なことは日本と中国が良好な関係を築くこと
国連で日本と中国の立場が対等な立場になることが必要
そうしなければ北朝鮮を巡る問題を解決することなどできない
平和なアジアを実現する唯一の方法は日本と中国が平等な関係になること

【 感想 】

 今回 「各国メディアの論調を徹底検証」とあったので アジア諸国の論調がわかると思って見ました。 しかしアジアからは、親日の意見が放映されませんでした。 日本は、アジアから嫌われているという印象操作が したかったのでしょうか?

 番組内で シンガポールは80%が中国系国民、マレーシアは1/4が中国系国民と紹介していました。 しかし、なぜマレーシアではマスコミの報道ではなく 中国系の反日集会を取り上げたのでしょうか? 大多数を占めるマレー系国民の意見、インドやインドネシア等の親日国の論調も知りたかったです!!

「将来海外に行けば理解できる」という発言には 思わず失笑してしまいました(-_-)

05/05/02 17:45 一部修正
posted by hiro at 22:52| Comment(0) | TrackBack(1) | 番組批評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月10日

報道2001 05/04/10

 今日の報道2001も良かった。日韓関係のコーナーも良かったが 教科書問題が非常に良かった。 元駐タイ大使 岡崎久彦氏の 子どもと教科書全国ネット21 常任運営委員 吉田 典裕氏へのツッコミが最高でした!

そのあたりをテキスト起こししました。

登場人物 竹村健一氏、黒岩祐治氏、島田彩夏氏、元駐タイ大使 岡崎久彦氏、子どもと教科書全国ネット21 常任運営委員 吉田 典裕氏

島「現在使われている教科書っていうのは まあ数社から出ているんですけれども、その中の言葉の使い方ひとつとってみてもですね、ちょっと見て下さい。」

豊臣秀吉の朝鮮出兵 侵略、元の襲来 遠征


島「これ豊臣秀吉の朝鮮出兵という事をですね、多くの教科書が侵略という風な表現をしています。そして元の襲来のことを、これも多くの教科書が遠征という表現をしています。」

一同「(笑)」

島「日本が攻めるときが侵略 で、攻められたときが遠征という事はですね(略)」

岡「(近隣諸国条項など 略)実際やっぱり左翼思想があるんでしょうね、んー。左翼思想をなんとか教科書の中に入れようというね、(略)これはやはり あのー間違いですね。」

黒「(吉田さんは 略)」

吉「あの非常に失礼ながら 岡崎さんがずっと右の方にいらっしゃると思うんですね。したがって そのーまったく普通の市民としての、私たちの考え方が左翼という風に レッテルを張られてしまうんじゃないかと...」

黒「これ 侵略遠征 こういう表現については、これ正しい?」

吉「(専門家でも著者でもないのでコメントする立場にない。要約)」

岡「コメントすると どうなるんですか? あえて」

吉「あえてですか? あのー実際にその秀吉の場合はですね あの朝鮮に出兵して、現地の農民を殺したりもしてるわけですね。」

島「(相槌)」

吉「元の場合は あの日本を実際に こう征服したとかっていう話は 歴史的事実としてもないわけですから、そのあたりを配慮したのかという気はしますけども そこらへんは..私いつも...」

竹「(略)テレビを見ている一般の人は そりゃ 両方とも おんなじ言葉で言うべきであると。」

島「(笑)そう思いますよね。」

竹「と思うのが国民の気持ちだと思う。」

島「なんで違うのかなー(笑)」

岡「そりゃそうですよね。」
報道2001のスタッフ、岡崎氏 そして島田氏 GJ! (^o^)b まー残念なのは対馬、壱岐の被害にふれていなかったことでしょうか?

報道2001冒頭のビデオより

歴史は自由な国においてのみ真実に書かれうる
フランスの思想家 ヴォルテール

中韓よ 味わって読め!!
posted by hiro at 14:40| Comment(2) | TrackBack(2) | 番組批評 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする